BRAND

レディオアオーダー

CYPRIS/キプリス

幅広いライフスタイルに訴求する革小物コレクションを展開するメーカー・モルフォが展開するブランド。1995年4月、創業とともにデビューしたカンパニーブランドでもある。日本製にこだわり、熟練職人のハンドメイドで仕上げられた、正統派ビジネススタイルを提案している。

ITEM INFO

サイズ W115mm×H75×D20mm
重さ 50g
備考 名刺収納枚数 約60~70枚

メインイメージ

メインイメージ

開いたときの美しいインパクトがビジネスシーンで武器になる。

 いまや当店でもNo1クラスの人気を誇る、キプリス「コードバン&シラサギ ハニーセル長財布」。これと対になる設計で作られた、美しい名刺入れが誕生した。長財布は、上品な風合いとキプリス独自の構造「ハニーセル」カードホルダーにより、非常に高い評価を得ているが、その財布と同じカラーリング、同じ素材を利用しているのが、この名刺入れだ。 メイン素材となるコードバンを手がけているのは、世界屈指のコードバン加工技術を持つ、日本のレーデルオガワ。40年以上もの研究を続けている、コードバン専門の加工・染色工房だ。外革として用いられている同社の「アニリン染めコードバン」は、表面だけに染めを施し、素材が本来持っている光沢を損なうことなく透明感のある美しい艶を実現している逸品。一方、内革に使われている「シラサギレザー」は、姫路のタンナーが牛のキップをタンニン&クロームのコンビ鞣しで仕上げた上質の素材。生後6か月〜2年という若い牛の原皮を使った素材で、しなやかさと強度を兼ね備えているのが特長だ。
深みのある暗褐色のフラップを開くと、目に飛び込んでくるのが、シラサギレザーの華やかな色合い。特に「ブラック×レッド」は、名刺入れを開いた時に商談相手に鮮烈なインパクトを残すカラーリング。また「チョコ×チャコール」の比較的落ち着いた組み合わせは、一見コンサバな選択だが、アニリン染めのコードバンが艶を放ち、持つ人の個性を逆に際立たせる。
細部にまで目を向ければ、手染めのシラサギレザーならではのムラがまた美しく、見る者の目を捉えてはなさない。初対面で自分を印象づけるための小道具として、この名刺入れが持つアピール力は決して侮ることができない。

DETAIL

たっぷりのマチと中仕切りで大量の名刺を効率よく収納
メインの収納部は中仕切りによって二つのコンパートメントを構成。底の部分を革で巻いて作られている「ササマチ」をダブルに合わせた形状で、60〜70枚の名刺も型崩れを起こすことなくなんなく呑み込む収納力を誇る。また、本体側とフラップそれぞれにカードポケットを持っているので、特定の名刺を選別したり、また名刺以外のカードを入れても効率的な区分けが可能だ。
名刺入れのマチの作り方ひとつである「ササマチ」は、底部分にマチがなく、一枚革で巻き込んであるのが特徴。大量の名刺を入れても型崩れが起こりづらく、手に持ったときの感触も上々。
本体側には、カードポケットがひとつ。ポケットの縁が描く優美な曲線と、シラサギレザーならではの美しい色むらのマッチングが目を引く。
本体側ポケットは見た目の美しさとともに、そこに入れたカードの取り出しやすさも同時に実現。縁には「飾りネン」と呼ばれる溝がハンドワークで引かれている。
フラップの裏側にも2つのポケットを用意。
フラップ裏側部分のアップ。レッドもチャコールも、手染めならではのこの絶妙なムラこそ、シラサギレザーの魅力。二つと同じ濃淡は存在しないため、一期一会の色合いとも言える。