BRAND

ユーツール

UTOOL/ユーツール

2016年現在、セリエAインテルで不動のサイドバックとして活躍する長友佑都選手がテスト・監修・プロデュースした「旅道具」を集約したブランド&ショップ。遠征、代表招集、アウェイでの戦いなどで長距離移動を余儀なくされる長友選手が、使いやすさと快適さ、デザインにこだわり、商品開発に参画。学研の雑誌連動WEBショップ「ホン・モノ・ケイカク」が持つネットワークとコラボし、ネット販売していきます。創造される商品はすべて、日本の職人・メーカーが手がけるMade in Japan。長友選手同様、世界で求められる道具を目指して、グローバルでの販売も展開していきます。

タレックス

TALEX/タレックス

メガネをかけたまま装着が可能な、超軽量のオーバーグラス。眼全体を覆うような装着感で、有害な紫外線をガードする。レンズには、タレックスが独自開発した「ハイコントラスト偏光レンズ」を採用。色収差(にじみ)が極端に少なく、像のエッジが際立ち、クッキリとした鮮明な視界を実現する。また加齢とともに衰える眼の「コントラスト性能」も補う特性を持つ。

ITEM INFO

重さ 約30g
カラー ブルーデミ

メインイメージ

メインイメージ

 メガネをかけたまま装着が可能な、超軽量のオーバーグラス。眼全体を覆うような装着感で、有害な紫外線をガードする。レンズには、タレックスが独自開発した「ハイコントラスト偏光レンズ」を採用。色収差(にじみ)が極端に少なく、像のエッジが際立ち、クッキリとした鮮明な視界を実現する。また加齢とともに衰える眼の「コントラスト性能」も補う特性を持つ。

DETAIL

特殊なナイロン樹脂を使用したメイン素材は弾性と剛性を兼備。最新の成型技術により最薄部はわずか0.8mm、レンズ込みでもフレーム重量は30gという軽さを実現した。
ハイコントラスト偏光レンズは、米国PPGインダストリーズ社の「CR-39」という軽量&高硬度の樹脂素材をベース材料に使用。色収差(にじみ)が少なく極めてクリアで、視界がボヤけがちな曇った夕方でも、像のエッジが際立つ。
顔を覆うようなフレームは抜群の装着感で、雑光の侵入をシャットアウトする。風の巻き込みも防げて、春は花粉の侵入もガード。テンプルには、肌へのストレスが少ない素材を採用している。
度付きサングラスはハードルが高いというユーザーの意見を取り入れ、機能性とデザインを両立。メガネと掛け替える煩わしさからも解放される。全幅133×高さ40mm未満のメガネの上から装着が可能だ。
偏光レンズについて
タレックスの偏光レンズは、独自のフィルターにヨード系原料を用いることで、高い雑光カット率と可視光線透過率を実現している。上記2枚の写真では、クルマ内部からフロントガラスへの映り込みや外からの反射光を消し、心地よい視界を確保。また雨天時の乱反射や光の屈折なども和らげる。(上:裸眼の視界、下:ザ・レンズTALEXの視界)
※ザ・レンズTALEXでみた景色は“トゥルービュー®”を使用しています。