BRAND

バネ口コインケース

池之端銀革店

東京・上野にショップ兼工房を構え、重厚なレザーでギミックの効いたアイテムの製造を得意とする革小物ブランド。若手から70代のベテランまで、職人たちが個性豊かなアイテムを次々と生み出している。まとめあげるのは、一流ブランドのOEMなどを長年手がけ、革に関しての知見も豊富な小野勝久だ。

ITEM INFO

バネ口コインケース

サイズ W92 × H80 × D5mm
重さ 32g
カラー レッド、チョコ、イエロー
素材 なめし革「ニューヨーク」
発売日 2015.11.20

商品掲載雑誌

logo

2016年1月号

雑誌

ikenohata_main

現代的なアレンジにより
洗練された革小物に昇華

 ファッションや音楽業界では頻繁にリバイバルブームが訪れているが、いま、革小物のフィールドでも新・懐古主義的なミニマム財布がブームになっている。その最右翼が、30代後半から上の世代には懐かしく、下の世代にとっては新鮮なアイテムである4連コインキャッチャーだ

 今回は、池之端銀革店の新ブランド「ボクレ」に、メイン素材を「プエブロ」レザーでオーダー。さらにオリジナルブランドの「クランプ」で展開中のバネ口コインケースやガマグチ財布も新商品として投入。どのアイテムも懐かしの小銭入れだが、現代的なアレンジと丁寧な作りで、洗練された革小物に昇華している。

 池之端銀革店・小野勝久さんは、こうしたアイテムが誕生する背景には、普遍的な金型を生み出す職人、豊富な経験と確実な技を持つ革職人の存在があると考えている。

「今回の商品開発でも、大先輩の職人さんから教わったことは計り知れません。技術的なこともそうですが、まず仕事に対する向き合い方が違うんですよね。古き良き日本の技術、そしてモノ作りの心を継承していくことも、我々の使命だと思います。」

 現代的に生まれ変わった懐かしの小銭入れに込められた“メッセージ”も読み解いてみたい。

親指と人差し指で握ると収納口がパカっと開く、バネ式の小銭入れ。この開け閉めの際に生じる音、さらに手の感覚がクセになると、いま再び注目を集めている。

詳細写真

サイドにDカンが付属し、着脱可能なチェーンを連結。ポケットやバッグなど、様々な位置に取りつけられる。オイルレザーにマッチした金具の風合いも魅力だ。

詳細写真

片手で開閉するためのバネ口金具。この精密で耐久性の高い金型を開発するのにも、相当な苦労があったそう。日本の金型職人の高い技術力が実感できるディテールのひとつ。

詳細写真

ベースモデルではコインポケットだったところをキーポケットに仕様変更したのも別注ポイント。非常にコンパクトなサイズで胸ポケットにも収納でき、使い勝手も良好。

MANUFACTURE

新旧の技術と職人を融合させる
質実剛健のモノ作り
小野勝久さんは、ファクトリーを併設する革とシルバーのセレクトショップ「池之端銀革店」を率いる。オリジナルブランドのクランプは、池之端銀革店が考える「質」と「実」、そして「技」を形にした革小物ブランドだ。