BRAND

ジェットセッターウオッチケース

GRANT グラント

1998年、鹿児島を本拠地に創設。世界中のエスニックレザーに精通し、縫製から彫金細工にいたるまでの全行程がハンドメイドなのが特徴。雑貨やアクセサリー、アパレルなど幅広く展開する。セミオーダーメイドによる制作がメインで、世界にひとつだけのアイテムを入手できるのも魅力だ。

ITEM INFO

ジェットセッターウオッチケース

サイズ W145×H105×D17mm(収納時)
重さ 124g
カラー ターコイズ、レッド、ネイビー、ブラウン
素材 イタリア・ブリターニャ社オイルショルダー革「アリゾナ」
発売日 2015.11.20
備考

時計収納本数:1本

商品掲載雑誌

logo

2016年1月号

雑誌

lv031_main

旅先で道具となる1本収納用時計ケース

 これまでホンモノケイカクでリリースした時計ケースは、本数に合わせ時計をやさしく守るのがテーマだったが、本作は出張先で「スーツからカジュアルに着替えて出かける」というリアルなシーン設定のもと考えられた。つまり、現地のホテルで「道具」として使える時計ケースである。

 手がけるのはハンドソーンで確かな革小物を作り続ける職人ブランド「グラント」。時計好きでもある代表兼デザイナーの窪田 肇さんが設計にあたり、試作とテストを重ねた。そして生まれたのは、袋+巻き込み型のレザーケースで、巻いた革のフラップをボタン留めするだけで、時計ケース+トラベルトレイに変形する。

 45mm径までの大ぶりな時計にまで対応すべく、時計ケース部分のマチ幅も計算されている。イタリアのオイルショルダー革×東京産ピッグスエードのコンビで、出張に携行したくなるような美しいデザインと機能性を両立させた。

lv031_detail01

時計のガラス面を守る裏素材は、当たりが柔らかい東京産のピッグスエード。薄いわりに耐久性に優れ、特徴的な三角模様の毛穴により通気性に優れているのも豚革の特性だ。

lv031_detail02

フラップは帯磁リスクのあるマグネット類を避け、開閉の衝撃が柔らかなフィオッキのボタンを使用。矢じりの形とスタッズを使った、シンプルながらグラントらしいデザインだ

lv031_detail03

スナップボタンは、欧州メゾンブランドでも多く使用されるイタリアのフィオッキ・プリム社製のバネホックだ。耐久性が高く、開閉時の感触と音が上品で心地良い。

lv031_detail04

宿泊席に到着してオフの時計に付け替えたら、巻いていた革をボタン留めしてトラベルトレイとして使用。カフスやアクセサリ、眼鏡やサングラスなどなくしやすい小物が置ける。

lv031_material01

表革は適度な柔らかさの
オイルショルダー革
イタリア・ブリターニャ社のオイルショルダー革「アリゾナ」を表革に使用。ナチュラルなシボが特徴の芯通しの牛ヌメ革で、巻きやすくトレイにしやすい適度な柔軟性を持つ。

MANUFACTURE

lv031_manufacture01
ハンドソーンへのこだわりがアイデンティティー
手縫いにこだわる理由を「革製品は命をいただいて作るものだから」と語るのは、グラント代表の窪田さん。手間を惜しまぬ革職人としての心意気と仕上がりの美しさで、多くのレザーファンを魅了している。