BRAND

サーキットウォレット

negroni ネグローニ

ネグローニブランドディレクターの宮部修平さんは、グラフィック・デザイナーの経験を活かし、各製品はもちろん、ロゴやパッケージをはじめ、ブランドイメージ、自社サイトの構築など、ネグローニというブランド全体の舵を取る中心人物。運転時の機能性追求だけでなく、シーンやファッションに縛られることなく、日常生活で常用できるドライビングシューズを作り続けている。

ITEM INFO

サーキットウォレット

サイズ W140×H70×D10mm
重さ 60g
カラー オレンジ、ネイビー、ブラック
素材 ネグローニレザー
発売日 2015.11.20

商品掲載雑誌

logo

2016年1月号

雑誌

lv032_main

ドライブを楽しくする
キーケースウォレット

 短い距離をクルマで出かけるときや、目的地に到着して鞄を持たずに歩き回るときは、持ち物を極力シンプルにしたいもの。小銭もカードもリモコンキーもすべて収納でき、さらにポケットに入るサイズの革小物があれば……と感じていた人は少なくないはずだ。

 そんな、ありそうでなかった理想のアイテムが当店のラインナップに加わった。作り上げたのは、国産ドライビングシューズの雄であるブランド・ネグローニ。シューズのみならず、快適なカーライフを演出する革小物作りにも定評があるブランドだ。開発のきっかけは、レースイベントなどで、サーキットを歩く際、必要な小物が収納できるポケットサイズのウォレットが欲しい、というコアなモーターファンの声である。ブランドディレクターの宮部修平さんがそのテーマに向かい、日常のシーンでも使える小物として試行錯誤。リモコンキーが入るマチ幅を確保しながらETCカードや保険証も収納できる極小ウォレットが誕生した。

 素材には同社ドラシューの定番でもあるオリジナル革「ネグローニレザー」を使用。浅めの天然シボと革らしい重厚感を持つ素材だ。革の色調整は業界内でも特に“色出しに厳しい”ことで知られる宮部さんが自信を持つ仕上がり。さらにファスナーはメゾンブランド御用達のメーカー、イタリア・ラッカーニ社製を採用し、洗練された印象に。クルマ好きへのギフトとしても最適な逸品が完成した。

lv032_detail01

収納部は中央の仕切りで2層に分かれ、カードやリモコンキー、折り畳んだ紙幣などの整理収納が可能。ライセンスや保険証などドライブに必要なものが入るサイズ設計だ。

lv032_detail02

ファスナーは欧州メゾンでも使われる、イタリアのラッカーニ社製で、レアな丸型のファスナーヘッドを採用した。金属パーツひとつひとつのメッキ処理が丁寧で、高級感が漂う。

lv032_detail03

ポルシェやBMWなど、欧州車の大型リモコンキーも収納できるマチ幅を確保。リモコンキーまで収納できるキーケースは少ないうえ、財布機能まで付加されたものは珍しい。

lv032_detail04

ドライビングシューズのライナー素材として使っているカーボンパターンライニングを内側に採用。靴用素材を転用しているので、汚れが目立つことなく手入れが簡単だ。

lv032_detail04

特殊な形状をしたキーホルダー部分は、フックを引き上げながら開閉。仕様を知っている者しか鍵を取り外せない。リモコンキーを取り付けやすいよう、スプリットリングも付属。

lv032_material01

ドラシューにも
使用される適度な
重厚感が魅力のレザー
北欧産の原皮を、姫路で加工したオリジナルの牛革「ネグローニレザー」。浅めの天然シボと適度な重厚感があり、手触りがいいところが革小物向きの素材だ。もともとはドライビングシューズ用に開発された丈夫な素材で、手入れが比較的簡単なところも魅力。ネグローニが強いこだわりで作った、美しい色出しにも注目して欲しい。

MANUFACTURE

img_manufacture01
ドラシュー作りで培った
技術や素材を革小物に応用
創業45年の靴メーカーを母体に2001年からスタートしたネグローニ。ドライビングシューズはもちろん、革小物もブランドディレクターの宮部修平さんが自ら型紙を起こし、デザインを生み出している。靴作りで培った技術や素材を応用し、クルマ好きのツボを押さえた革小物を展開。