BRAND

マルチトート「オブリック」

FULLCLIP  フルクリップ

2011年にスタートしたブランド。同ブランドの母体ともなったメーカー・アドは30年以上にもわたって、誰もが知る一流ブランドのカバンや財布などのOEM製作を多数手がけてきた実績を誇る。フルクリップというブランド名は“すべてのジャンル、カテゴリーをまとめてクリップする”というコンプトに由来する。

ITEM INFO

マルチトート「オブリック」

サイズ W500×H320×D(マチ幅)約170mm
ショルダーストラップ500~910mm、幅約39mm
重さ 680g(容量約19.5ℓ)
カラー 2色展開(ブラック、A-TACS LE)
発売日 2016.04.23

メインイメージ

メインイメージ

フルクリップは、フィッシングバッグやカメラバッグなどで、業界のプロも厚い信頼を寄せるファクトリーブランド。当店でも驚異のリピート率を誇る。その理由は、独自ルートで入手した最新ミルスペック素材を採用しつつ、タウンユースで求められる機能をしっかり見極めたバッグのみを提案してきたこと。ここで紹介するマルチトート「オブリック」も、本当に“使える”機能だけを搭載した超優秀なトートバッグだ。
2種類ある外装のひとつは、市街戦用に開発された新型迷彩。強靭かつ軽量なファブリックでありながら、都市に溶け込む柄なのでややカジュアルなビジネススタイルにも対応する。さらに、特許も取得した独自開発し、特許を取得したショルダーストラップ「ジェットグライドループ」を搭載。動作に応じてバッグのポジションを瞬時に変更できるため、自転車通勤など日常のアクティブなシーンでも実力を発揮する。
またノートPCやタブレットが収納できるパッド入りファスナーポケットを標準装備。交通系ICカード収納に便利な外装底部の隠しファスナーポケットなど、超実用的なディテールも満載。
毎日をタフに生き抜く都市生活者にとって、この「オブリック」は強力な“武器”となる!

img_detail01

都市生活者のリアルな使い勝手を追求した機能が満載!
フルクリップが独自に開発した特許機構「ジェットグライドループ」(特願2012-146183)を装備。片手で簡単にショルダーストラップの伸縮操作が行える。ベルト幅が約39mmあり、肩の負担も効果的に軽減

詳細写真

見た以上に収納力がある点もフルクリップのバッグの特徴。自転車用ヘルメットとノートPCを収納しても、まだ小物類が入る余裕がある。内装には国産の平織ナイロンを採用

詳細写真

ノートPCやタブレットが入るファスナーポケットには、発泡率30倍の発泡ウレタンパッドを内蔵。工業資材系のウレタンフォームを使っており、劣化が少なく、異臭を放つこともない

詳細写真

フロント上側の左右両サイドに設けたファスナー付きポケットは、iPhone 6 Plusクラスも収納できるサイズ。斜めファスナーなので、スマホの取り出しもスムーズで使いやすい

詳細写真

底面左右両サイドには、隠しファスナー付きポケットを搭載。交通系ICカードを入れておけば、自動改札の通過時やレジでの支払い時にわざわざカードを取り出すことなくタッチできる

詳細写真

底面には多目的ストラップを装備。バッグ内に入れたくない濡れた折り畳み傘や、暑くて脱いだジャケットなどが収納できる。施策段階で見つけたアイデアを具現化したディテールだ

詳細写真

通常はポケットとして機能する背胴外装ポケット。旅行や出張などでキャリーケースとともに運ぶときは、ポケット底のファスナーを開いてハンドルバーを差し込み、キャリーとドッキング可能だ

img_detail01

持ち手は肩掛けしてもしっくり収まる長さ。ビジネスカジュアルのコーディネートを考慮したデザインで、汎用性が高い。またサイズ感はメンズ用としてはややコンパクトで、軽量なのもうれしい

MATERIAL

耐久性に優れた高機能ファブリックを採用
世界的に品薄で入手困難なミルスペック準拠の高機能素材「A-TACS LE」。なかでもこのブラック系迷彩は、米国の法執行機関の隠密作戦部隊で使用されるという、近赤外線偽装効果付きの柄で希少性が高い。市街戦用に開発されたため、迷彩柄でありながらも着こなしを限定しない。
ビジネスシーンに最適なオールブラックモデルには、インビスタ社の高機能ファブリック「コーデュラ1000」を採用。摩耗、引き裂き、すり切れに強く、ハードな使用下でもダメージが少ない。本素材と設計によりバッグの軽量化を実現し、荷物をフルに収納しても快適に持てる。

MANUFACTURE

数々のブランドでOEMを手掛ける高い技術力がウリ
フルクリップの機能的で独創性の高いデザインを手掛けるのは、自ら裁断・縫製までもこなす代表の平垣 了さんだ。入手困難なミルスペック素材を適材適所で使えるのも、氏の人脈と知識の賜物。海外メゾンのOEMを手掛けてきた専門工房が母体で、難易度の高い作り込みや縫製もお手の物だ。