BRAND

ダレス・ブリーフ LV Limited

Totem Re Vooo/トーテムリボー

国産鞄の聖地・兵庫県豊岡の老舗バッグメーカーが15年12月に立ち上げたファクトリーブランド。OEMを中心に年間数十万本以上を制作する経験と技術を駆使し、メンズバッグの最高峰クラスを提案する。その名には「継承される技術で親子代々受け継がれる鞄を作りたい」という情熱が込められている。

ITEM INFO

ダレス・ブリーフ LV Limited

サイズ H310×W420×D80mm
重さ 1620g
発売日 2016.04.26
備考

レーザー刻印名入れプレート付き

 

ご好評につき期間延長決定!
~レーザー刻印の名入れについて~

初回分の刻印サービスのご好評につき、本サービスの期間を延長いたします。
12文字以内であれば適正なフォントサイズでご対応が可能です。
商品は、刻印が仕上がり次第のお届けとなりますので、お届けまでに1ヶ月ほどお時間を頂いております。あらかじめご了承の上、お買求め下さい。
刻印の内容は、ご注文手続きの途中で表示される「備考欄」にご記入下さい。

※フォント:English111
※頭文字は、大文字表記です。

メインイメージ

メインイメージ

 レザーバッグの代名詞として、紳士鞄の最高峰に君臨してきたダレスバッグ。その特殊な製鞄技術を継承し、現代の感覚にフィットする新型ダレスを提案しているブランドが鞄の街・豊岡にある。日本屈指のバッグメーカーが立ち上げたファクトリーブランド、トーテムリボーだ。メディア初登場となる本誌で紹介するのは、フラッグシップモデルの「ダレス・ブリーフ」。ダレスと言えば一般的に角張ったフォルムだが、本作は特注金型で成形したアルミフレームが曲線を描き、柔らかな印象に仕上がっている。この独特のフォルムは縫製が難しく、高い技術力を持つファクトリーブランドだから実現できたデザインだ。素材にもこだわり、強靭かつ高機能なケブラー生地をメインに、全レザーパーツをイタリアの美艶革「シエナ」で統一した。しかも当店が5本だけ確保した初回分は、ファクトリーの中で最も高い縫製技術を持つ職人が丸縫いで製鞄する特別仕様で、レーザー刻印の名入れプレートが付属する。デザイン、素材、作り、すべてにおいて超一流。一生モノの鞄が堂々のデビューだ。

img_detail01

パーツごとに丁寧な作り込み
内装にも一切の妥協なし!
大きく開くメイン収納は、荷物の出し入れがスムーズ。タブレットや小物を整理収納できるポケットを多数配置し、ポケット付きの中仕切りで荷物を分けられるのも使い勝手がいい。

詳細写真

内装には柔らかなタッチのスエードファブリックライナーを採用。眼鏡ケースなど使われる素材で、収納物を優しく包む。カラーは品があるワインレッド。YKKの最高峰ファスナー「エクセラ」の上質感ともマッチする。

詳細写真

開閉時の感触が心地よく、片手でつまんで簡単にロック解除ができるドイツホックを採用。高級パーツを惜しみなく使い、一切の妥協を廃した贅沢仕様だ。

詳細写真

素材にこだわり抜いた
付属のショルダーストラップ
付属のショルダーベルトは、触り心地まで研究し設計。ストラップには熱加工を加え、高級感のある鈍い艶を放つ仕上げに。ショルダーパッドはイタリア・トスカーナ産の革で構成。肩への重量を分散するよう肉厚に設計した。裏面は衣類への色移りを防止する目的で、染色しない、素上げのヌメ革を使用する。

詳細写真

曇りのない仕上がりの高度なメッキ仕上げ
曇りのない表面は非常に手間のかかる「吊りメッキ」仕上げを施す。一般的にメッキは大容器のなかに大量に入れられて行われるため、加工の際に細かなキズやムラが生じることも。この吊りメッキの場合、職人が一点一点、吊り下げる形で丁寧に時間をかけて加工が行われるため、メッキ自体が肉厚で、美しい見た目に仕上がる。

詳細写真

底鋲──見えない部分にこそ
いい材料を使う
床に置いた際に鞄の底面を極力汚さないよう底面にはスタッズが打ち込まれている。使っているときは目には見えないような場所にも、中身が詰まった高さのあるスタッズを選んで使用している。

詳細写真

これぞ職人技!
美しき「手縫いハンドル」
バッグにおけるハンドルは、直接手で触れる部分であると同時に、バッグの荷重をすべて支える重要なパーツでもある。そのため仕上げには経験と高度なバランス感覚が必要とされる。鞄の聖地、豊岡には鞄のハンドルづくりを専門とする職人がおり、日本有数の工作精度でハンドルが作られている。なかでもこのブリーフに使われるのは、選ばれた職人にしか作れない「手縫いハンドル」。圧倒的な強度はもちろん、手に触れる断面はすべて滑らかな手磨きがかけられ、使うモノを魅了する。

詳細写真

シンプルに高級感を演出する
高度な技術「肉盛り」
鞄の立ち姿を引き締めるため、デザイン上重要な箇所に「肉盛り」の技術を採用。過度な装飾はないものの、ちらりと見える筋肉のように精悍さを印象づけるディテールだ。職人が革を丁寧に盛り上げ、メリハリの効いた仕上がり。光を受けてより立体的に浮き上がり、上品な姿を静かに主張する。

詳細写真

ノートPCも持ち運び可能
A4サイズ前後までのノートPCの持ち運びにも対応。内装生地はスエードファブリックのため、パソコン表面を傷つけず、優しく守る。
※写真はMacBookPro 13インチモデル

詳細写真

レーザー刻印の名入れは、12文字以内であれば適正なフォントサイズで対応可能。一粒ずつ多角形磨きをかけたボールチェーンがキラキラと輝き、プレートに存在感を与えている。

詳細写真

高機能素材の“ケブラー”と美しい艶を持つ高級イタリア革の競演
引裂強度が高く、耐摩耗性と撥水性にも優れたアラミド繊維を織り込んだオリジナルのケブラー生地をメイン素材に採用。グレーの色出しにもこだわった。ハンドルやアルミフレームの巻き込みなどに使われているレザーは、イタリアのフルベジタブルタンニンなめし革「シエナ」。一流素材のマリアージュが、バッグに最上級の品を与える。

MANUFACTURE

日本製バッグの聖地が誇る
一流ファクトリーによる製鞄技術
本作は通常の生産ラインとは異なり、普段はサンプルを一から手掛けている“No.1の職人”が、足踏みミシンを使い分けながらひと針ずつ丁寧に縫製。コンピューターミシンを使った量産モデルと比べ、手縫いはひと目ごとに作り手のクセが見られて、バッグ全体に独特の表情が宿る。ファクトリーブランドのため、アフターケアも万全だ。
ポストミシンを扱うのは、卓越した縫製技術を要する職人のみ。難易度が高く力を要する縫いを淡々と仕上げていく。絶対の技術力こそ、唯一無二のデザインを具現化するための要なのだ。