BRAND

UTOOL/ユーツール

2018年2月時点、トルコ・ガラタサライで活躍する長友佑都選手がテスト・監修・プロデュースした「旅道具」を集約したブランド&ショップ。遠征、代表招集、アウェイでの戦いなどで長距離移動を余儀なくされる長友選手が、使いやすさと快適さ、デザインにこだわり、商品開発に参画。学研の雑誌連動WEBショップ「ホン・モノ・ケイカク」が持つネットワークとコラボし、ネット販売していきます。創造される商品はすべて、日本の職人・メーカーが手がけるMade in Japan。長友選手同様、世界で求められる道具を目指して、グローバルでの販売も展開していきます。


ストレッチドライビングパンツTYPE_LV

Totem Re Vooo/トーテムリボー

国産鞄の聖地・兵庫県豊岡の老舗バッグメーカーが15年12月に立ち上げたファクトリーブランド。OEMを中心に年間数十万本以上を制作する経験と技術を駆使し、メンズバッグの最高峰クラスを提案する。その名には「継承される技術で親子代々受け継がれる鞄を作りたい」という情熱が込められている。

ITEM INFO

サイズ・重量 W380(~480)xH310xD130mm・1,070g
カラー ブラウン

メインイメージ

メインイメージ

旅も仕事もオフもこのトートひとつで完結!

 セリエAのインテルで活躍する日本代表DFの長友佑都選手が、“旅の道具”をテーマに商品をプロデュースするギアブランド「UTOOL」。今回は鞄の聖地・兵庫県豊岡が誇るファクトリーブランド「トーテムリボー」とのコラボで作られたトートバッグだ。素材にはトスカーナの老舗タンナー、ブレターニャ社の植物タンニンなめしレザーを採用。「コシがありながらも柔らかい革」という長友選手がこだわった質感を反映した、特徴的レザーだ。独特のレシピでなめした革は非常に柔らかく、数回使うだけで表面の張りがとれ、くたっとこなれてくる。表情のある浅めのシボと独特の艶も魅力だ。また、このトートは絶妙なサイズ感も特徴。旅のサブバッグとしてはもちろん、ビジネスシーンでの使用を想定しA4ファイルが入るサイズをベースにして、ランチボックスや増えた荷物の大きさも吸収できるマチ幅を確保した。PCの専用収納仕切りなどのディテールは排除し、オンオフそれぞれで汎用性が高く使えるよう、極力シンプルなデザインに仕上げた。

DETAIL

シンプルなデザインに潜む使いやすさを追求したこだわり

img_detail01

ジャケットを着用しているときも肩掛けしやすくスタイリッシュに見えるように、ハンドルはゆとりのある長さに。持ったときの感触、強度、見た目の美しさ、すべてが完璧なハンドルなのだ。

詳細写真

内装には名刺入れなどを整理収納できる小物用ポケットを装備。コットンオックス素材の裏地は、視認性に優れた明るめのターコイズ(ネイビー)とワインレッド(ブラウン)を採用した。

詳細写真

使いやすさを重視し、計算されたちょうど良いサイズでデザイン。大きすぎず小さすぎず、A4ファイルやタブレットなどがしっかり収納できる。ビジネスシーンを想定した天ファスナー付きだ。

img_detail01

底鋲を5つ配し、自立も可能。肩掛けすれば底面が見えるトートだけに、この部分の作りにも一切手抜きがなく、面の直線と角のアールが美しい。一切の手抜きがないのがトーテムリボーの良さだ。

詳細写真

トーテムリボーのAntipasto Skinシリーズに共通するディテールが、ハンドル根元の部分に施される、職人によるアイコニックなハンドステッチ。耐久性、強度確保を兼ねた機能的なデザインだ。

MATERIAL

イタリアンレザーの聖地トスカーナの職人たちが、革1枚1枚を丁寧に鞣す

img_material01


イタリア・トスカーナの老舗、ブレターニャ社のベジタブルタンニンなめしレザーを使用。世界屈指の名タンナーが集うトスカーナで技を磨いた職人たちが、ハンドメイドで丁寧になめす。通常、この手のヌメ革は硬めの仕上がりになるが、独自のレシピで非常にソフトな感触に仕上げている。絶妙な発色など革職人たちのこだわりがすべての革に宿る。

MANUFACTURE

コバ磨きまで美しく──。 鞄の聖地・豊岡の職人が ひと針ずつ丁寧に縫製!
極艶イタリアヌメ革を美しいトートへと昇華させるのは、兵庫県豊岡の老舗バッグメーカーのファクトリーブランド「トーテムリボー」。卓越した縫製技術を要する職人が、ミシンを使い分けながらひと針ずつ丁寧に縫製する。OEMを中心に年間数十万本以上のバッグを制作する技術力と、不良品がほとんど出ない品質管理は業界トップクラスだ。
技術力の高さが反映されるのが、ハンドルの完成度。何度も水性液を塗っては磨き上げる工程を繰り返す。ハンドル自体の美しさを演出し、握った際の心地よい感触も生み出す。