BRAND

ストレッチドライビングパンツTYPE_LV

SUPER CONSUMER/スーパーコンシューマー

徹底的にこだわるマニアックな消費者のアイデアをカタチにする新しいモノ作り。ユーザー視点のデザインで、世の中にないこだわりのプロダクトを制作し提案する。ひらくPCバッグ、かわるビジネスリュック、とれるカメラバッグなど。

ITEM INFO

サイズ・重量 W290×H360×D125mm・858g
備考 2012年のヒット作「ひらくPCバッグ」をコンパクト化。13インチのPCを縦に収納でき、前に垂れるフラップ型のメイン収納を開くだけで取り出せる。別注版では、引裂強度が高く耐摩耗性と撥水性に優れたケブラー混紡ナイロン生地を採用。ウールのようにも見える風合いは、スーツスタイルにしっかりと寄り添う。

※写真はイメージです。実際の商品と色・質感などが異なる場合があります。

メインイメージ

メインイメージ

空間と時間を無駄にしない デキる男に導く秀逸お仕事鞄

 ほんの数分の空き時間をメール作業に当て、貴重な時間を無駄にしない。必要な物だけを整理して持つ習慣が身に付き、忘れ物をすることがない──。そんなデキる男に導いてくれるバッグが、この「ひらくPCバッグmini」だ。日常生活を改善することを主眼に開発。バッグを開くだけで中身を俯瞰で見られ、収納したPCもサッと取り出せる。また機能ポケットや面ファスナー付きの仕切りでツールをきっちり整理収納でき、例えペン1本が欠けただけでも異変に気付く。無駄なスペースを排除しているので、不要な物は持ち歩かないという制限の提案も、このバッグの優秀な点だ。開発を手がけたのは、ウェブサービスやガジェットを紹介する人気ブロガーのいしたにまさきさん。作り手目線ではなく、常にユーザー目線のバッグ開発でヒットを連発してきた。そんないしたにさんも完成品に目を輝かせたのが、外装をケブラー素材でリメイクした本品だ。強靱さが加わった優秀なバッグが、あなたの仕事&生活を変える!

DETAIL


前面下部に設けたポケットにはパンチングレザーを採用しており、収納したスマホの着信光や着信音をしっかり確認できる。機能優先でデザインが決定されている。

詳細写真


2段階で開くフラップ裏面には、ファスナー付きのメッシュポケットを装備。中身が見えるので、何を収納したかが一目瞭然だ。サイズ違いで2部屋あるので、整理収納がラク。

詳細写真


PCポケットには、13インチPCを縦に収納可能。着脱可能な仕切りが2つ付属し、自分のツールのサイズに合わせてレイアウトできる。バッグを開いたまま、中身を俯瞰できるのが魅力だ。

詳細写真


軽量ながら耐久性の高いYKKの「メタルックス」をラウンド状に配置。張りが強いケブラー生地でもスムーズに開閉できるよう、コマを細かく加工した特注品だ。メタル加工を施し上質感も演出。

詳細写真


底面には耐久性の高いターポリンを使用することで、地面に置いても汚れがつきにくく、仮についた汚れは簡単に拭き取れる。底のマチ幅が12.5㎝あるので、しっかりと自立する。。

詳細写真


PCポケットを背面部に設けているので、バッグ収納時のPCは中心側に傾いて配置される。つまり、どんな状態でもPCの重心は中心付近にあり、バッグを置いてもが倒れにくく安定する。

MATERIAL

img_material01


ケブラー混紡ナイロン生地
「ケブラー」の名前で知られるアラミド繊維を織り込んだ、次世代のナイロン系素材を採用。素材自体が高価で、バッグに使うのはごく稀だ。防刃素材として使われるケブラーはハサミも滑ってしまうため、特殊な方法で裁断される。強靭かつ軽量、なおかつ上質な見た目はビジネスバッグの素材としても最適だ。

詳細写真


メインコンパートメントの右下部に、モバイルバッテリーを収納できるポケットを装備。前面のパンチングポケットに繋がる隠し穴があり、そこからケーブルを通せばスマホをパンチングポケットに入れたまま充電が可能だ。

MANUFACTURE

日本の職人仕事に肉薄! 驚きの「ダナン・クオリティ」
本作を生産するのは、ベトナム・ダナンにあるバッグ工場。クオリティ&生産量とも日本トップクラスのバッグメーカーが管理する、直営工場だ。ここでは常時14ものラインが稼働し、定番モデルから難易度の高い形状のものまで、あらゆるバッグを手がける。手先が器用で勤勉なスタッフで構成され、日本式の目標管理手法を取り入れ、工場全体のモチベーションも非常に高い。
現地の日本人スタッフが「日本の高度な職人仕事に肉薄してきた」と舌を巻くほど、成長を続けるスタッフ。ハンドルなど専門職人が必要な難易度が高いパーツも、自社工場内で作り出せるほど。特筆すべきは厳格な基準を設けた品質管理。材料が工場に入ってきてから製品として送り出されるまでに5回もの検品を通り、不良品率は0.3%の低さを誇る。