BRAND

グラント

GRANT/グラント

1998年、鹿児島を本拠地に創設。世界中のエスニックレザーに精通し、縫製から彫金細工にいたるまでの全行程がハンドメイドなのが特徴。雑貨やアクセサリー、アパレルなど幅広く展開する。セミオーダーメイドによる制作がメインで、世界にひとつだけのアイテムを入手できるのも魅力だ。

ITEM INFO

サイズ W100×H90×D4mm
重さ 50g
カラー バーガンディ・モカ
備考 カード収納枚数 3枚

メインイメージ

メインイメージ

革を引き立たせる男らしい武骨なデザイン

 ホーウィン社といえば、シェルコードバンの供給元として世界中にその名をとどろかせているタンナー。そんな上質革と並ぶ、同社を代表するレザーといえば「クロムエクセル」だ。独自のレシピでたっぷりとオイルを加えた牛革で、面白いくらいにプルアップ(曲げるとオイル分が繊維の中を移動)する。これまで当店で扱ってきた数々の革と比べても、ここまでプルアップし、経年変化を楽しめる革はほかにはない。 「クロムエクセルはいつか扱いたいと思っていました。革の特性を考えると小柄なマネークリップの類が最適だと思います」と語るのは、グラント代表の窪田 肇さん。あらゆるレザーの特性を知り尽くした男が、ホーウィンのクロムエクセルで作り上げたのが、このマネークリップとカードケースだ。 裏側にあたる床面の表情も魅力的な革なので、あえて裏張りは一切なし。通常よりも太番手の糸を使って手縫いし、ヴィンテージのコンチョ(飾りボタン)をあしらうなど、その武骨なデザインが革の質感をより引き立てる。

DETAIL

裏側に3つのカードスロット、表側にコインケースを装備。主に支払いはクレジットカードという人に向けて提案するデザインだ。巻きひも式はボタンよりも使い勝手がいいとの声もあり、根強いファンが多いディテール。鹿革ひもは水に強く、牛革と比べてしなやかなのが特徴だ。
電子マネーの時代だが、まだまだコインケースを必要とするシーンは多い。本品では、しっかりとコインを収納できるスペースを確保している。
マネークリップと同様、アイコンとなるのがヴィンテージコンチョ。分厚い革に工具で針穴を空ける工程も含め、すべて熟練職人たちの手作業だ。
鹿革ひもの先端にデザインされているのは、シルバーのビーズ。しばらく使うと、ほどよく変色しくすんでいく。クロムエクセル同様、エイジングを楽しめる。

MATERIAL

老舗タンナーがなめすオイルドレザー買ったその日からエイジングしていく
クロムエクセルは、米国シカゴで1905年に創業した老舗タンナー、ホーウィン社がなめすオイルドレザー。たっぷりと加脂されたプルアップレザーで、短時間でアタリが出てくるのが特徴。柔和さがあり扱いやすく経年変化を楽しめる。多少のキズはこするとマスキングでき、少し残る傷跡もまた味になる。