2018/08/28

渓流散歩で使ってみました!vol.2 フルクリップ「2BLOCK レインメーカーver.」

IMG_9914

 

関東近郊の渓流へ、ルアー釣りに出かけた、店長と筆者。そこで活躍したギアを紹介していくシリーズです。

 

今回は、私の釣り道具を収納していたフルクリップ「2BLOCK レインメーカーver.」を紹介します。

 

01↑店長と2人で出かけた関東近郊の川。この写真からも水の綺麗さがわかります。でもこの川、国道のすぐ脇を流れているんですよ。


◆釣り好き職人が作った「普段使いできる」道具入れバッグ

 

 

フルクリップは、もともと釣りが大好きな代表の平垣 亨さんが、自身の経験をもとに開発したバッグブランド。
バスフィッシング用のバッグで名を馳せ、今やそちらの業界では超有名ブランドとなっています。

特殊なルートでしか手に入らない、本物の「ミルスペック」素材を多用しているのが特徴で、実用性と耐久性の高さが魅力です。

私が渓流へと持ち込んだのは、その代表作とも言えるショルダーバッグ「2BLOCK」の限定版「レインメーカーver.」です。


レインメーカーとは、新日本プロレスのスター、オカダ・カズチカ選手のこと。バス釣り好きなオカダ選手の意見を採り入れてアレンジされたこの製品では、オカダ選手がデザイン監修にも携わっています!
そのときの模様はこちら↓

「一人だけ釣れない」大ピンチで奇跡が!? IWGP王者オカダ・カズチカ「バス釣り名人」と霞ヶ浦に挑む!
https://getnavi.jp/life/176211/

 

IWGP王者オカダ・カズチカが「なるほど」連発! バス釣り未経験者も納得できる「やさしいルアー講座 in 琵琶湖」
https://getnavi.jp/life/203503/

 

 

 

今回のように歩きやすい里川のような渓流では、両手がフリーになるうえ、荷物を効率的に収納できる「2BLOCK」のようなショルダーバッグが便利です。


特に「2BLOCK」はウレタンフォームをサンドしたメイン素材を外装に使っています。ボックス形状を維持しペタンと潰れないので、物の出し入れがとても楽なのです。何より軽量! スペック上は250gですが、手に持つとさらに軽く感じます。

 

さらにフルクリップの独自特許を持つ機構「ジェットグライド」で、ストラップの調整がワンアクションで簡単に決まります。ボディバッグのようにぴったりと身体に沿わせておけば、移動時にもまったく邪魔になりません。

 

02↑左右と正面のナイロンテープにアクセサリーを装着できるのが「2BLOCK」の魅力。でも、いろいろ装着すると、せっかくの「レインメーカーver.」らしさが隠れてしまう難点も……。

 

◆好みの形にアレンジ可能な拡張性が魅力!!

 

私が「2BLOCK」で特に気に入ってるのは拡張性です。正面と左右両脇に設えられた、黒いナイロンテープ。ここがループになっていて、さまざまなアクセサリを装着できるのです。

今回は正面右側に、ペットボトルホルダー、左側にサングラスケースと、入漁証を入れておくライセンスホルダーを。そして正面にはカメラホルダーと、ラインカッターなどを着けたクリップオンリールを装着しました。


バッグを身体の正面に回したときに、ラインカッターは利き手側にあったほうが便利なので、クリップオンリールは向かって左側に取り付けています。
05↑正面左の側面には、サングラスケースとライセンスホルダーをセット。渓流釣りで必要な管轄の漁協が発行した入漁証を入れます。


装着する際にはその位置もきちんと考えました。私はストラップを左の肩にかけるので、重さのあるペットボトルは向かって右のほうが背負ったときにバッグが安定しました。取り出しやすさもこちらのほうが上です。

03↑夏の釣りでは飲み物が必須! 右には釣具メーカーのペットボトルホルダーを装着しました。

 



実際に釣場に立った時に便利だと感じているのが、正面にあるポケットです。
ここには魚の口からルアーを外すときなどに使うプライヤーを入れています。開口部の作りにひと工夫あって、とても取り出しやすいんですね。脱落防止用のコードを接続できるD環も用意されています。

04↑正面にはデジカメのホルダーと、クリップオンリール。ポケットのなかのプライヤーはカールコードでD環に繋がっています。



◆使用場面に合わせたコーディネートが可能

 

今回はペットボトルホルダーやサングラスケースを装着しましたが、複数のロッドを持ち歩く釣りならば、ロッドホルダーを装着するのもありでしょう。

タウンユースなら、スマホ用の小型ポーチを装着したりと、また違ったアレンジが考えられます。


前述のようにメインの素材はウレタンフォームをサンドした緩衝性のある構造なので、ミラーレス一眼などを持ち運ぶときのカメラバッグとしてもけっこう使いやすいんですよ。

06↑歩き回る釣りにぴったりのサイズ。取り出しやすさも考えたセッティングが現場でもばっちりハマりました。


コンパクトなボディと、高い汎用性、拡張性。バッグ本体の素性のよさはもちろん、ユーザーのニーズとアイデア次第でこうした自分にとっての“使いやすさ”を追求できるのも、この「2BLOCK」というバッグの魅力です。

 

07↑尾鰭の先がピンと尖ったアマゴ。この魚がこの川で育った証拠です。渓流魚が持つ透明感のある美しさは、何度見ても飽きません。


IMG_9025

フルクリップ
2BLOCK レインメーカーver.

14,040 円 (税込)
9,828 円 (税込) (30%off セール中!)

 

 

名称未設定 1

WRITER/MUN!
自分で使うモノは質実剛健な作りのアイテムを志向する、当店の商品開発サポーター。本業はモノ系、エンタメ誌など、数々の雑誌や書籍で執筆する文筆家。