BRAND

トスカーナレザー・クラッチバッグ

UTOOL/ユーツール

2018年2月時点、トルコ・ガラタサライで活躍する長友佑都選手がテスト・監修・プロデュースした「旅道具」を集約したブランド&ショップ。遠征、代表招集、アウェイでの戦いなどで長距離移動を余儀なくされる長友選手が、使いやすさと快適さ、デザインにこだわり、商品開発に参画。学研の雑誌連動WEBショップ「ホン・モノ・ケイカク」が持つネットワークとコラボし、ネット販売していきます。創造される商品はすべて、日本の職人・メーカーが手がけるMade in Japan。長友選手同様、世界で求められる道具を目指して、グローバルでの販売も展開していきます。

Totem Re Vooo/トーテムリボー

国産鞄の聖地・兵庫県豊岡の老舗バッグメーカーが15年12月に立ち上げたファクトリーブランド。OEMを中心に年間数十万本以上を制作する経験と技術を駆使し、メンズバッグの最高峰クラスを提案する。その名には「継承される技術で親子代々受け継がれる鞄を作りたい」という情熱が込められている。

ITEM INFO

トスカーナレザー・クラッチバッグ

サイズ W330×H230×D18mm
重さ 408g
カラー ネイビー、ブラウン
発売日 2016.06.20

メインイメージ

長友選手のミラノ生活を支える相棒

 ミラノ在住の長友佑都が、どこへ行くときも愛用しているのがクラッチバッグだ。これまで彼が使ってきたクラッチの不満点をヒアリングし分析。デザイン、仕様のリクエストを反映し、豊岡のバッグブランド「トーテムリボー」が試作を重ねて第1弾を完成させた。長友選手からのリクエストのひとつが、内装に設けた仕切りポケット。「小物を早く取り出したい時に限って、奥に入ってしまうのが最大のストレス」という意見を元に設計。他の荷物に埋もれがちな鍵などの小物もサッと取り出すことができる。素材はイタリア・トスカーナの老舗タンナー「ブレターニャ社」のフルベジタブルタンニンなめしレザーを全面に使用。独特のレシピでなめした革は適度に柔らかく、荷物が増えても膨らんで吸収できる。またハンドルを設けたことで持ちやすく、ファスナーの開閉がしやすいのも利点。さらに長友氏の背番号「55」にちなみ、ファスナーの引き手とハンドル部分に5つずつ、スタッズをデザインした。

img_detail01

ハンドルを設けたことで手首への負担を軽減し、ラクに持つことができる。ファスナーの開け閉めがしやすいのも利点だ。ハンドルの両端にデザインした5つのスタッズのひとつずつは、ゴールネットのセルを象ったもので、その数は長友氏の背番号「55」がモチーフになっている。

img_detail01

L字ファスナーなので口開きがよく、収納物の出し入れがスムーズ。シンプルな外装ながら内装にはポケットを設け、音楽プレイヤーやスマホ・鍵などが整理収納できる。

詳細写真

ハンドルの固定部分にあしらった真鍮製スタッズ。手間のかかる削り出しで六角形を表現し、ニッケルメッキを施してある。白糸の手縫い部分もデザインアクセント。

詳細写真

ファスナーは1コマごとに研磨されたYKKの最高級品「エクセラ」で、トスカーナレザーの艶に負けない上質感を演出。引き手にもスタッズをデザインしている。

詳細写真

ファッションを選ばず、片手で持てるクラッチバッグはミラノでも大流行中。普段使いの延長戦上で使いたい、旅における「ユーティリティプレーヤー」だ。

詳細写真

イタリア・トスカーナの老舗、ブレターニャ社のフルベジタブルタンニンなめしの革を使用。通常、この手のヌメ革は硬めの仕上がりとなるが、独自レシピで仕上げておりソフトな仕上がりに。表情のある浅めの天然シボがありつつ、極上の艶をまとう。

MANUFACTURE

「鞄の聖地」である豊岡の老舗バッグメーカーが2015年12月に立ち上げたファクトリーブランド「トーテムリボー」。OEMを中心に年間数十万本以上のバッグを生産する信頼と技術力は、業界トップクラスだ。ファクトリーブランドのため、アフターケアも万全。一生の付き合いができる鞄のみを提案している。
卓越した縫製技術を要する職人が、数種の足踏みミシンを使い分けながらひと針ずつ丁寧に縫製していく。難易度の高いディテールもエラーなく仕上げる。
名タンナーが集うトスカーナで技を磨いたブレターニャ社の職人たちが、ハンドメイドで時間を掛けて丁寧に鞣す。洗いにかけた原皮を、タンニン(渋)に浸し、余分な水分を絞り出す。