BRAND

ブランド

GRANT グラント

1998年、鹿児島を本拠地に創設。世界中のエスニックレザーに精通し、縫製から彫金細工にいたるまでの全行程がハンドメイドなのが特徴。雑貨やアクセサリー、アパレルなど幅広く展開する。セミオーダーメイドによる制作がメインで、世界にひとつだけのアイテムを入手できるのも魅力だ。

ITEM INFO

サイズ(容量) W90×H100×D15mm
重量 68g
カラー 3色(鉄黒、赤銅、青藍)

メインイメージ

ギフトにも最適な黒桟革のコンパクトアイテム

 日本生まれのレザーとしては、トップクラスに高い価値を誇る漆革「黒桟革」。黒毛和牛のシボ革に漆を幾層にも重ね塗りし、刃を通さない屈強な素材として戦国武将の甲冑に使用されてきた、由緒ある“サムライレザー”である。この最高の素材を用い、鹿児島の職人集団・グラントがすべて手縫いで仕上げるのが「KUROZAN」シリーズ。今回紹介する新作は、待望のギフト向け商品だ。当店では6万円以上の財布ラインのみの展開だったが、このマネークリップとキーケースは、実売で2万円以下を実現。高級素材の黒桟革を使い、ハンドソーンで仕上げるアイテムとしては異例のコスパだ。グラントが手縫いにこだわる理由は「革製品は命をいただいて作るものだから」という哲学的な部分もあるが、仕上がりの美しさや耐久性の高さを追求した結果でもある。見た目以上の収納力を誇るマネークリップ、革小物の領域を超えた存在感を放つキーケース。手縫いでしか成立しない逸品、所有する歓びを味わって欲しい。

img_detail01

グラントのアイコンである手打ちのボタンを、リザード革でトリミング。グラント既存のマネークリップにはなかったディテールだ。黒桟革との相性もよく、商品価値を高めている。

詳細写真

1万円札がしっかり入り、お札15枚なら余裕で収納可能。カードは見開きで合計6〜8枚が収納できる。手縫いだから実現する、見た目以上の収納力が魅力だ。

詳細写真

ミシンと違い、手縫いは強化したい部分に力を入れるなど、締め込み加減を自在に調整できる。美しい形をイメージしながら、鹿児島の熟練職人が縫い上げる。

img_detail01

国産黒毛和牛の白なめし革を染色し、漆を揉み込んでは乾かすという工程を繰り返す、伝統製法で作られる。革の黒ダイヤとも呼ばれる粒状感を生み出せるのは、今現在、姫路の職人・坂本弘さんただ一人だ。右より古来からのオリジナル色「鉄黒」、優雅な発色の「赤銅」、藍染めの「青藍」。

詳細写真

イタリアのMPG社が提供するベジタブルタンニン仕上げのイングラサット。やや硬質だが表面にごく薄く顔料を吹いているため、傷が目立ちにくいのが特徴だ。レザーキーケースの内革としては、もってこいの素材。