BRAND

UTOOL

UTOOL/ユーツール

2016年現在、セリエAインテルで不動のサイドバックとして活躍する長友佑都選手がテスト・監修・プロデュースした「旅道具」を集約したブランド&ショップ。遠征、代表招集、アウェイでの戦いなどで長距離移動を余儀なくされる長友選手が、使いやすさと快適さ、デザインにこだわり、商品開発に参画。学研の雑誌連動WEBショップ「ホン・モノ・ケイカク」が持つネットワークとコラボし、ネット販売していきます。創造される商品はすべて、日本の職人・メーカーが手がけるMade in Japan。長友選手同様、世界で求められる道具を目指して、グローバルでの販売も展開していきます。


トラモンターノ

TRAMONTANO トラモンターノ

1865年にイタリアのナポリでアルド・トラモンターノが創業した老舗ブランド。 伝統的な手作業を用いながらも常に時代の変化に合わせた、革新的な商品を製作する。 世界中の著名なアーティストやセレブリティが愛用していることでも知られている。

ITEM INFO

サイズ W350mm×H160mm×D27mm
重量 280g(ストラップ除く)/ストラップ:32g
カラー ブラウン、ベージュ

メインイメージ

メインイメージ

スーツにマッチして個性も主張するデザイン

 セリエAのインテルで活躍する日本代表DFの長友佑都が“旅道具”をテーマに商品をプロデュースするギアブランド「UTOOL」。最新作はイタリア・ナポリで1865年に創業した職人ブランド「トラモンターノ」とのコラボで作られたクラッチバッグだ。
 「遠征中は、キャリーバッグとクラッチバッグだけ持って移動する」と言う長友。タイトめのセットアップを着用することも多く、その際にパンツやジャケットのポケットにスマホや財布を入れるとシルエットが崩れるため、普段からクラッチバッグを愛用している。所有する条件として彼が譲らないのが、スーツスタイルにマッチしながら、個性が主張されたデザインであることだ。今回別注した「ミニクラッチ」と「ビジネスクラッチ」は、どちらの商品も曲線を巧みに採用。存在感のあるレザーを使いながら品よくスーツスタイルにも馴染むデザインに仕上げた。デザインに対する美意識の高さを感じるアイテムだ。

img_detail01

L字ファスナーで開閉する収納スぺ―スには、普段ポケットに入れていたスマホや財布などをひとまとめにできる。内装素材は肉厚の合成皮革ながら限りなくレザーに近い上質感が魅力だ。

詳細写真

ハンドルストラップはファスナーの引手と連結。コバ部分は本体のパイピングと同じダークブラウンで装飾している。さり気ないこだわりで、デザインの統一感を生み出している。

詳細写真

同素材のパイピング部分を、ダークブラウンで切り替えたところも別注ポイントのひとつ。本品を象徴すメイン素材、クロコの型押しレザーを見事にフレーミングするディテールだ。

MATERIAL

クロコの型押しを施した牛革を採用。イタリアは型押しのスタンプ技術が高く、リアルクロコのような模様が立体的に浮かぶ。メイン素材に使うほか、ストラップにも採用している。

MANUFACTURE

イタリアのナポリ郊外にある、トラモンターノのアトリエ。デザインから生産まで、一貫して自社で行っている。ここの職人高い技術力は、17世紀半ばからカンパーニュ地方に伝わる革小物製造に改革をもたらしたとすら言われる。現在もアトリエには世界中からファンが訪れ、その中には著名なアーティストやセレブリティが名を連ねる。